FC2ブログ








早くも色付いてきたカルーナ・ブルガリス

急に寒くなり最低気温が17℃位の日が続いたらカルーナ・ブルガリスの葉が
色付きはじめました。
寒暖差が大きくなったから反応したんですかね~いつもは晩秋じゃなかったっけ?

Colluna vulgaris0929-1


Colluna vulgaris0929-2

キレイな葉っぱです♪
ゴールドもキレイだけど先端のオレンジ色もなかなかいいですね。


スポンサーサイト




[ 2012/09/29 20:36 ] カルーナ | TB(0) | CM(0)

挿し木したカルーナ・ブルガリスはどうなったのか?

挿し木したカルーナ・ブルガリスがどうなったか結果公表していなかったのでここで公表w
過去記事はこちら


結果から言うと1/6株のみ成功。
放置気味に管理していたのでこの結果でしたが、きちんと管理すれば成功率は上がったはずです。

Colluna vulgaris0906-1

これはどの品種だろう?すでに分からなくなってしまった…
寒くなり色が変わると分かると思うが、紅葉がキレイなサンライズか春に黄金色の葉がキレイな
ゴールドヘイズだったらいいな。

ちょっと多肉にうつつを抜かしていたのでこの結果だったがもう少し真面目に育てれば良かったorz
ちなみに本体ですが新梢が伸びることなく枯れました。
カルーナ・ブルガリスの強剪定はNGのようです。




[ 2012/09/07 20:29 ] カルーナ | TB(0) | CM(0)

挿し木したカルーナ・ブルガリスの今

3月12日にカルーナ・ブルガリスの剪定、根切りを行い、万が一の場合に備えて
挿し木も行った。
その途中経過です。

3月12日。
Colluna vulgaris0312-11



4月8日。
左のめっちゃ発色が良いのがゴールドヘイズ。まるで新葉のような色してるw
他の2本はサンライズサージョンキャリングトン。植えたときの位置関係を見ると
それぞれ1本づずつ残ったようです。
他の挿し木はカビが発生しダメになりました。

Colluna vulgaris0408-2Colluna vulgaris0408-3Colluna vulgaris0408-4

くすんだ色の枝が新葉のような色になったのはどうしてだろ?
暖かい部屋に移動したので春になったと勘違いして変化した?
新しい酸性ピートモスが心地よかった?
わからんw
いずれにしても無事に根付いているようですね。
剪定した本体はいまだに動きがないため、こちらが成長してくれれば一安心です。



湿度重視でサランラップ使用。この状態で放置しています。
爪楊枝は内側に付いた水滴の重みでラップが下がり、枝に当たるのを防ぐためのもの。

Colluna vulgaris0408-1




[ 2012/04/13 21:00 ] カルーナ | TB(0) | CM(0)

カルーナ・ブルガリスの枝をぶった切り

Colluna vulgaris0312-1

今年の冬はカルーナ・ブルガリスの調子が悪かった。更に画質も悪いw
去年はサンライズが真っ赤に紅葉してとてもキレイだったのを覚えているが
今年は紅葉と言うより内側から葉が茶色くなり枯れてきているようです。
なぜか去年の画像が無いのが悲しいorz



Colluna vulgaris0312-2Colluna vulgaris0312-4

左のサンライズ、右のゴールドヘイズともに茶色の部分が目立ちます。


Colluna vulgaris0312-3

サージョンキャリングトンは以前から他品種と比べると成長が緩慢。

ということで購入してから約2年経った今、根を切り植え替えることにした。


Colluna vulgaris0312-5Colluna vulgaris0312-6

鉢底(左)とサイド(右)の状態。細い根が鉢全体に回っています。
根張りがいいので毎年植え替えた方がいいと言う話は本当のようですね。
といっても現在の菊鉢8号サイズがちょうどいいのでこれ以上は大きくしたくない。

で、枝をバッサリ根をぶった切ってみました。



Colluna vulgaris0312-8Colluna vulgaris0312-9

こんな感じになりました。自分でもずいぶん思い切った剪定だと思います。
土は家のブルーベリーと同様、ピートモス(酸度未調整)6:鹿沼 4の配合。
赤玉も入れようかと思ったけど、根張りが良いのでこのまま行くことにする。


Colluna vulgaris0312-10

カルーナって春以降、葉がワサワサと茂って先端部分はキレイだけど
内部は日照不足や蒸れ?で葉が枯れてきて実は汚いんです。
ある程度枝を剪定して中まで風通しを良くして日光も当てた方がいい気がします。
カルーナの管理についての情報は少なく育て方がよく分からないのが難点ですが
とりあえずここから芽吹くのを待ってみます。


Colluna vulgaris0312-11

これは芽吹かなかったときの保険ですw



[ 2012/03/14 20:50 ] カルーナ | TB(0) | CM(0)

カルーナ・ブルガリス ゴールドヘイズの蕾

先日カルーナ・ブルガリス、サンライズの蕾を記事にしましたが
遅れていたゴールドヘイズにも蕾を確認しました♪

Colluna vulgaris0628-1
ゴールドヘイズ。
サンライズ同様、白花のようです。
ライトグリーンやゴールド系の葉っぱに白花は清楚な感じがしていいですね。



Colluna vulgaris0628-2
サンライズ。
ゆっくりゆっくり蕾が膨らんでいます。



Colluna vulgaris0628-3
サージョンキャリングトン。
すでに花が終わりかけ~、終わったらバッサリ剪定します。



Colluna vulgaris0628-4
カウンティックウィロー。
小さなピンクの八重咲きが可愛いですよ♪




Colluna vulgaris0628-6
キンロウチェル。
グリーンの葉っぱに株全体に咲く白い八重咲きの花が鮮やか。
しかし、そろそろ終わりかけ・・・




[ 2011/06/28 20:54 ] カルーナ | TB(0) | CM(0)